トップページ > 目次 > 活動案内

日本花菖蒲協会 平成30年の活動計画

 全国的な組織なので、頻繁に会合を開くよりも、会報を充実させる方向にあります。このホームページを開設したのも、全国にちらばる会員相互の情報交換に役立つようにという考えからです。


総会・花菖蒲園管理研究会   平成30年1月 葛飾区郷土と天文の博物館にて

 協会の新年会にあたります。例年、1月下旬の休日の午前中、例年東京で行われます。以前は新年会的な要素が強かったのですが、最近はせっかく集まるのだから実質的な内容のあるものにしようと、研究の発表、貴重品種の苗配布、オークションなども行っています。


会報の発送  2月

 協会会報『花菖蒲』を毎年発行し、会員へ送付しています。会報への原稿は、会報の発送時に次回原稿を会員の方から募集します。


花菖蒲展示会

  平成30年6月10日(日)〜6月17日(日)

  
  会場 横浜三渓園

   平成13年度より毎年、神奈川県大船フラワーセンターで展示会を開催していましたが、28年度
  から横浜三渓園でも展示会を開催し、29年度から三渓園のみで開催しています。
   展示内容は,大鉢,盆養,切り花などです。




旅行会  平成30年7月8日〜10日

 例年花菖蒲の開花シーズンに、各地の花菖蒲園の見学のための旅行会を行っています。30年度は、北海道函館方面にて開催します。

 

 

 

配布苗の発送  9月

 配布苗は2品種ほどで、高級優良品種を配布するように心掛けています。これまで、「西行桜」(ピンク系)と「神代の昔」(白に紫脈)、「花 寿」(白地に青紫覆輪)と「駒 繋」(濃ピンク大輪)、「北野天使」(野生種ピンク花)と「紅 扇」(濃紅紫に白筋大輪)などを配布しました(18年度から配布苗の時期が変更になりました)。



秋の研究会 11月

 葛飾区郷土と天文の博物館にて、午前中は育種や文化面の発表、午後は花菖蒲園の栽培管理の情報交換を予定しています。